黒雨鉄道

黒雨鉄道(こくうてつどう)とは、関中地方北東部を中心とした架空の鉄道会社である。本社所在地は浜利県黒ヶ原市。

概要

黒雨鉄道は総路線長510.4kmに達する巨大鉄道会社である。また副業もバス・タクシー・鉄道車両メーカー・不動産などと多い。

鉄道事業

路線網

黒雨鉄道の路線は大きく


の四つに分けられ、系統の違いにより駅名標や放送が若干異なる。 また、軌間はすべて標準軌である。

車両

雨原本線系統・春木本線系統・一条本線系統は完全自社発注車である。
池吉本線系統は池吉電鉄から継承した車両が大半を占めていたが、最近は完全自社発注車のほうが多くなってきた。

ほとんどの路線が地平区間なため、ほとんどの駅が地平駅である。

駅設備

自動改札は全駅に導入されている。
自動放送は全駅に導入されている。
急行停車駅には黒雨ストアがあり、JRで言うキオスクの役割をしている。

KuRoCa

黒雨鉄道のICカードで、「クロカ」と読む。今のところすべての駅・黒雨ストアで使用可能。

運賃・料金

「対キロ区間制」を採用している。初乗りは120円。

  • 最終更新:2015-12-30 19:34:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード