塩津地方旅客鉄道(JR塩津)

概要


塩津地方旅客鉄道は、1987年4月の国鉄民営化により誕生した旅客鉄道会社です。
当初計画では、本州三社のいずれかに移管される予定でありましたが、三社とも拒否。
本州三社による共同出資が行われました。
そのため、信号システムなど地上設備は東日本が、車両は西日本が、駅業務などソフト面を東海が担当しました。
後の2000年4月より株式を上場し、JR法に縛られない完全に独立した企業として新たなスタートを切りました。
なお、2015年当初に、塩津本線と先台線をあさひ鉄道に売却しています。

路線


塩豊本線 西島岬~塩津滝沼間
沢田線  霧峰~沢田間
青城線  城墨~青木間
緑垣線  塩津大垣~市民公園間
久豆線  君島~久豆間

  • 最終更新:2016-04-10 20:45:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード