初心者向けガイド

現在執筆中

社名

◯◯鉄道、◯◯電気鉄道、◯◯急行電鉄、◯◯高速鉄道などが一般的。
後述の都市間輸送を目的とした路線であれば、それぞれの都市名の頭文字を組み合わせるのが分かりやすいでしょう。路線名を決める際にも参考にしてみてください。
例:京阪電気鉄道・阪神電気鉄道など

路線

構成

路線は、本線があり、途中駅から支線が分岐するという路線網を構築している会社が多いようです。
例:小田急電鉄・京王電鉄など
また、都市間の輸送を行う「インターアーバン」もあります。
例:東急東横線・阪急京都線など

列車種別

多くの大都市近郊の路線は、各駅に停車する種別の他に、速達運転を行う(途中の駅を通過する)種別を設けています。
速達運転を行うメリットは、乗客が目的地により早く到着できるなどが挙げられます。
速達種別の名称は、「快速」「急行」などが多くあります。また、これらから派生した「快速急行」「特別快速」「通勤急行」などが設定されている路線もあります。

また、一部の路線では、有料優等列車(運賃の他に特別な料金を必要とする優等列車)が設定されています。
この種別には、「特急」「急行」「準急」「ライナー」等が多く使用されているようです。
ほとんどの路線では、この列車には通常の列車とは異なる特別な車両が使われています。

停車駅

前述の通り、一部の路線では各駅に停車する種別の他に、速達運転を行う種別が存在します。
速達運転を行う種別では、ラッシュ時の混雑が問題となることがあります。
また、都市部から放射状に運転する路線では、都市から離れた区間で空席が目立つようになります。
そのため、多くの路線では、都市に近い区間では速達運転を行い、都市から離れていくにつれ、徐々に各駅に停車させていく、という形態をとっています。

ラッシュ時の対応

大都市近郊の路線では、ほとんどの路線がラッシュ時には日中とは異なる運行形態によって需要に対応しています。
東急田園都市線では、朝ラッシュ時には急行を運転せず、準急と各駅停車のみを運転しています。また、2分間隔(上り:二子玉川基準)で運行しています。
また、小田急小田原線・京浜急行線等でも、日中よりも種別を減らして運行しています。これにより、異なる速度の列車を減らし、極力多くの列車を運行できるように考慮されています。

車両

仕様

使用する線区によってドア数や車幅などを変えます。
混雑が激しい区間であれば広幅4ドア、地下鉄であれば狭幅など。

性能

これは一番悩めるポイントかと思います
例えば、
駅間の短い路線で各駅停車などに充てる場合は、加速度を強めにとるかわりに最高速度を低く抑えます。
駅間の長い路線や優等種別に充てる場合は、最高速度を速めにとりましょう。加速は弱くなります。

また、電動車と付随車の割合でも性能が決まってきます。

ここで解説すると長いのでWikipediaを参考に車両を造ってみましょう

  • 最終更新:2015-05-10 16:34:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード