八谷急行電鉄

現在執筆中。内容に不足がある場合がございます。
また、本稿では敬称はすべて省略しています。あらかじめご了承ください。


八谷急行電鉄とは、2010年5月にスタートした架空鉄道のプロジェクト。
当初の名前は「八谷エクスプレス」であったが、2014年8月22日付で「八谷急行電鉄」へと変更された
本稿においてこれより前は「HX」、これより後は「八谷急行」の略称を用いることとする。

【これまでの主な更新】
2014/08/22 八谷急行電鉄のWikiページを作成
2014/08/23 路線、車両、編成表を追加
2014/09/07 駅名対照表(行先表示幕)を追加
2014/09/23 各編成の落成時期、更新状況を追加
2014/12/05 路線の運用表を追加
2014/12/21 車両基地を追加
2015/01/24 各形式の画像を追加
2015/01/31 須和奈線の概要を追加
2015/02/24 車両詳細を「八谷車輛」のWikiページとして分離、独立
2015/02/25 ICカード、ネットワークサービス(公衆無線LAN)の情報を追加
2016/09/26 久々の更新…とともに廃止(と思われる)路線を削除、その他項目の整理


沿革

2010年5月22日

八谷線と太子線(現、木河線太子以北)の概要を公開。同日より京葉西海道高速との持株会社「京葉八谷交通局」が発足。同交通局で使用可能なICカード「KEYACA(ケヤカ)」の供用を開始。


2010年10月31日

東鉄、TKR、HX、葉鉄の4社直通特急「Amenityr(アメニティア)」の運転を開始。これに合わせて専用車両のOX80000系をOXYBIKにて製造。各社ごとに数編成が納入され、HXには10編成が納入された。
敦田線、浦崎線の概要を公開。


2011年1月1日

FC2ホームページにて八谷エクスプレスのホームページを開設。すでにJimdoやYahoo!ジオシティーズなどでホームページを開設していたが、これにより閉鎖。後にFC2でのホームページも閉鎖となる。


2012年4月27日

敦田〜太子間の概要公開。これにより敦田線全線と新規追加分、および太子線全線を「木河線」として編入。これに伴い4社直通特急のルートが浦崎経由から木河線経由に変更される。
また、木河線において東鉄、TKRとの直通快速「古路音(ころね)特快」の運転を開始。かつて相互直通運転を行っていた柊鉄道を買収し、一路線が「柊線」として当社に編入される。


2014年8月22日

これまでの「八谷エクスプレス」から「八谷急行電鉄」へ正式に会社名を変更。また、うごメモラインWikiにて八谷急行のページを公開。


2014年12月21日

大野急行鉄道と相互直通運転を開始。


2015年2月23日

成王鉄道、大野急行鉄道との3社相互直通運転を開始。あわせて急行列車の運行時間を拡大。


2015年2月24日

ネットワークサービス「M-Mobile(緑野モバイルサービス)」および「M-Wi-Fi(緑野ワイファイサービス)」の供用を八谷線成宮〜御幸間で開始。
また、4月より八谷線東尾崎〜成宮、木河線須和一宮〜河口、須和奈線および柊線の全線で供用が開始された。


2016年9月26日

M-Mobile、M-Wi-Fi、およびICカード「KEYACA」の利用可能エリアを拡大。山石車庫が廃止。


路線

八谷線・浦崎線・木河線・須和奈線・柊線の5本。全線が電化路線である。


  八谷線 浦崎線
駅数 50駅 27駅
総延長    
軌間 1435mm 1435mm
複線区間 浦崎港〜御幸(青垣〜室池間複々線) 全線
電化区間 全線・直流1500V 全線・直流1500V
閉塞方式 自動閉塞式 自動閉塞式
最高速度 八谷〜仲戸 95km/h 浦崎〜河本港 130km/h
仲戸〜御幸 130km/h 上記区間外 95km/h
直通会社 大野急行鉄道・成王鉄道 -
路線記号(カラー) H(オレンジレッド) U(ミディアムブルー)


  木河線 須和奈線 柊線
駅数 47駅 6駅 15駅
総延長      
軌間 1435mm 1435mm 1435mm
複線区間 木行〜敦田・須和一宮〜河口 全線 全線(青垣〜室池間複々線)
電化区間 全線・直流1500V 全線・直流1500V 全線・直流1500V
閉塞方式 自動閉塞式 自動閉塞式 自動閉塞式
最高速度 敦田〜須和一宮 95km/h 95km/h 95km/h
上記区間外 130km/h
直通会社 - - -
路線記号(カラー) A(フォレストグリーン)  S(ライムグリーン) R(オレンジ)


八谷線

八谷急行における第一号線。
一つの路線ではあるが、八谷〜仲戸間は豪雪地帯、浦崎トンネル(8,008m)を挟んで浦崎港以東は平坦線と路線状況が大きく異なっており、浦崎を境に普通列車の運用が分断されているため、一般的に浦崎以西を「八谷西線(西線)」、浦崎以東を「八谷東線(東線)」と呼ばれることが多い。また、浦崎以西の普通列車は館市〜浦崎間の一部列車を除きワンマン運転となっている。
先述の通り仲戸以西は豪雪地帯であり、冬期は雪対策が必須であるため、この区間に乗り入れることができる車両は強化型スカート、スノープラウなどを装備した車両に限られる。ただし、平坦線においても冬期の降雪量が多いため、全列車において床下機器を中心に保護されている。
浦崎〜御幸間では御幸で接続する大野急行鉄道浅井線、および浅井線に乗り入れる成王鉄道名越線、大和田空港線と3社相互直通運転を行っており、成王鉄道から浅井線、八谷線を経て浦崎線の春岡まで乗り入れる急行列車や快速列車も運転されている。ただし、浦崎以西に乗り入れる列車は現時点では存在しない。


停車駅・各駅について

+ボタンを押すと停車駅および各駅の詳細が表示されます。「区速」は区間快速、「エ快」はエアポート快速。

...


浦崎線

八谷線と木河線の接続、および浦崎地域における南北間の輸送を担う路線。
八谷線と接続している浦崎駅は東郷方面が八谷側に、春岡方面が御幸側に接続しているため、八谷線から春岡方面に乗り入れる際はスイッチバックを強いられていたが、八谷側から春岡方面への連絡線が完成したため、現在は東郷方面と同様にスムーズな乗り入れを実現している。
急行、快速列車を中心に八谷線と直通運転を行っており、多くは大野急行鉄道、成王鉄道まで乗り入れている。


停車駅・各駅について

+ボタンを押すと、停車駅および各駅の詳細が表示されます。「区速」は区間快速。

...


木河線

八谷線以南の輸送、および敦田地域と太子、河口を結ぶ路線。
かつては木行〜敦田間が敦田線、太子〜河口間が太子線となっていたが、敦田線の太子への延伸により、一つの路線となった。現在の路線名「木河(こがわ)線」は木行と河口のそれぞれの頭文字を組み合わせたものである。これまでは木行から河口へ向かう際に浦崎と太子で乗り換えを強いられており、所要時間も決して短いものではなかった。現在は全線を乗り換えなしで結ぶ快速列車も運転され、本路線によってスピードアップや輸送力増強に大きく貢献することとなった。
なお、路線記号である「A」は通常の命名規則に従うと「K」となるが、旧敦田線の路線記号「A」をそのまま残す形としており、旧太子線区間(太子〜河口間)は旧敦田線に揃える形で改定された。


停車駅・各駅について

+ボタンを押すと、停車駅および各駅の詳細が表示されます。

...


須和奈線

尾崎空港へのアクセスを担う路線。
京葉高速の路線計画の一部を引き継ぐ形で開業した。
(現在準備中)


停車駅・各駅について

+ボタンを押すと、停車駅および各駅の詳細が表示されます。

...


柊線

ひいらぎニュータウンでの輸送、および八谷線へのアクセスを担う路線。
かつては柊(ひいらぎ)鉄道として別会社によって運行がなされていたが、製作者都合のため八谷急行(当時、八谷エクスプレス)が路線および車両を買収、運行を担当する運びとなった。
柊〜茂野間の本線のほか、亜室と東亜室を結ぶ支線が存在する。京葉高速京奈和線への直通列車は同線を経由して乗り入れを行っている。青垣〜室池間は八谷線との線路別複々線となっているが、亜室駅と東亜室駅は別々の駅であり、駅構内での乗り換えは不可能である。

停車駅・各駅について

+ボタンを押すと、停車駅および各駅の詳細が表示されます。

...


車両

現存する車両の製造元は八谷急行の傘下である八谷車輛と、名差重工(星鉄)、TSR重工(TSR)、OXYBIK(葉鉄)の4社。
車両の詳細については八谷車輛のWikiページを参照のこと。


車両基地

検車区名 車庫名 隣接駅 配置車両 備考
成宮電車区 館市車庫 館市駅   耐雪車のみ
成宮車庫 成宮駅    
室池車庫 室池駅    
春岡電車区 浦崎検修車庫 浦崎駅   全般検査・車体更新を担当
春岡車庫 春岡駅    
敦田電車区 敦田車庫 敦田駅    
太子車庫 太子駅    
潮崎車庫 潮崎駅    


その他

ネットワークサービス

緑野鉄道グループが運営する「M-Mobile(緑野モバイルサービス)」および「M-Wi-Fi(緑野ワイファイサービス)」の供用を2月24日より開始。
サービスの詳細は「M-Mobile・M-Wi-Fi」のWikiページを参照のこと。
利用可能エリアは以下の通り。順次拡大予定。

  八谷線 浦崎線 木河線 須和奈線 柊線
M-Mobile 節田〜御幸(一部除く) 浦崎〜河本港 全駅(一部除く) 全駅 全駅
M-Wi-Fi 節田〜御幸(一部除く) 浦崎〜河本港 全駅(一部除く) 全駅 全駅


ICカード

利用可能エリアは以下の通り。

  八谷線 浦崎線 木河線 須和奈線 柊線
KEYACA(ケヤカ) 節田〜御幸(一部除く) 東郷〜河本港 全駅(一部除く) 全駅 全駅


以下、掲載準備中

  • 最終更新:2016-09-29 02:25:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード